検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

モノリスソフト更新 2019/4/1

0

    モノリス更新されてます。

     

    モノリスの現場インタビューコーナーの更新ですね。

    今回はプログラマー編とのことです。

     

     

    こういうスタッフの方々一人一人の職場環境についてのお話を聞くに、

    やはりゲーム業界でもかなり待遇が良いというか、

    時間管理についても、スタッフ間の空気についても、スキル育成についても

    不満が少ないことが見えてきますね。

     

     

    まだまだ人手が足りないとのことですので、

    才能ある方はどんどんモノリスへGO!

     

     

     

    ーーーー

     

    新元号、令和ですかー。

    発表される時はついつい家族でテレビの前に集まってしまいましたね。

     

    令にも様々な意味があるのでしょうが、普段使っている言葉の印象から

    少し厳しめで冷たい印象も受けますな。

     

    しかし、ふむこれはゲームや漫画の主人公の代替わり的に考えると

    氷属性とかクールなキャラが来たかなという感覚に似ているような。

     

     

    今日はこの話題でもちきりですが、

    その反面エイプリルフールが霞んでるような〜w

     

    そちらの話題が思ったより少ない気もしますのう。


    モノリス更新 2019/3/28

    0

       モノリスがゼルダ新作の開発でスタッフ募集かけてるそうです。

       

      前作での信頼も厚く、

      次のお仕事も来たか!という感じ。

       

      基本任天堂だと1ハード1作品みたいなところあるから

      ゼノもゼルダも次のハードかな?

       

       

      しかし、これで開発ラインは3つか。

       

      全部オープンワールド系になると、

      共有する作業もあるとはいえとんでもないことになってないかな。

      ちょっと心配なところも。

       

      あとは人手を増やすしか!

       

      良いスタッフがバンバン入ってくれると、

      モノリスファンとしては全ての作品をウキウキして待てますね。

       

      さー全部買うからどっからでもこーい!


      モノリス更新。2019/2/1

      0

        久々にモノリススタッフインタビュー更新しています。

        なかなか専門的な内容というか、

        多能な技術を磨くラインのようですね。

        こういったお仕事がゲーム作りを支えているんですねぇ。

         

         

        ところで、年賀状来ないですね。

        300名の壁は厚かったか。

        まぁこれもリアル。

         

        誰か当選されました?


        モノリス更新。2018/5/17

        0

          モノリスHPのスタッフインタビュー5回目がアップ。

          一人一人のゼノに対する思いや開発のことに加え、会社環境についての本音が聞けます。

          ゼノブレイド2のUIに関して担当が倒れてしまったとか聞きましたが、

          これを読む限りでは残業もしっかり管理されているし

          無理もさせない体制ですよね。

           

          ストレスチェックも行っているみたいですし、

          安定した環境で良い物作りを続けていってほしいです。

           

          まぁそれでもお仕事ですから大変な作業量なのでしょうけど、

          大変でもあり楽しそうな雰囲気を感じる職場だなぁと。

          職場が静かだというのには驚きましたが、

          それだけ歯車が無理なく回っているということなのでしょう。

           

          そんな素晴らしい会社なので、若い方どんどん入社してくださーい。


          モノリスHP更新。第3回インタビュー

          0

            今回は本根さんとハギーさんです。

            本根さんと言えば今回のギアス20周年でシタン広場の存在を明かし、

            話題をかっさらっていました。

            白骨ブランコに殺人滑り台。

            加藤さんはシタン先生をかなりやべーレベルの人物にしようとしていたのだろうかw

            嵯峨さんも田中さんもこれには驚いていたようですが。

             

            ・・・それにしても田中さんの目がうつろなシタン先生は

            汎用性あるなぁ。

            覚醒ってアレですよね。 PWのアレ。

            ヒカリの線 「キズナ」。

            0

              今日は戦闘に関するつぶやきがアップされてます。

              はて・・・。

              この光の線は今作におけるキズナのシステムとのことですが、

              数日前にコメント欄でSeriolaさんと話したばかりの内容ですよ。

               

              計ったようなタイミングですなw


              モノリス更新。2017/7/5

              0

                 

                 モノリスHPの採用情報が更新されてますね。

                 

                プランナー(アクションパート)の担当を募集らしいです。

                この手の人材は既に結構社内に在籍してそうな気がしましたけど、

                足りないんですねぇ。

                 

                ゼノブレ2やゼノクロのアクションシーンに必要なのか、
                はたまた別ライン制作のゲームに必要なのか。

                 

                でもあれですね、

                ゼノクロの時に個人的に不満だったキャラの表情パターンに関して、

                ゼノブレ2では相当改善されているようですので、

                アクション含め、細かい部分のレベルアップもかなり期待できますね。

                (まぁストーリー重視のゼノブレ2が発表された今となっては

                オープンワールドのゼノクロは最初から表情に重きを置くゲームではなかった

                とも考えられますが・・・。)

                 

                因みにモノリスではモーションキャプチャーキットで

                自社スタッフが安価に動きを付けられるシステムですが、

                この場合のアクションプランナーっていうのは、

                そこに至る前の立案のお仕事ってことかな。

                これは演出のセンスが問われる重要な仕事かも。

                 

                才能あふれる方、ぜひ。

                 


                モノリスを語る怪しげな電話があるらしいです。

                0

                   ここ数日ニュースになっている牛角のクーポン当選詐欺。

                   

                  とは別なのだが、モノリスを語る怪しげな電話を受けたという

                  問い合わせがモノリス本社にあったらしい。

                  モノリスHPで注意喚起しています。

                   

                   

                  どうやら、ロト6が時効当選したという理由から

                  個人情報を盗み取ったり、金銭を絡める詐欺の手口っぽい。

                   

                  そもそも、モノリスと宝くじの関係性って何?

                  似たような会社名あんのかな。

                   

                  とにかくモノリスにも変なことに巻き込まれてほしくないので、

                  これを見た皆さんも注意&何か被害に遭われたら警察に。

                   

                  ソシャゲの攻略サイトとか見てても、

                  石700個もらえる!とかいうリンクありますよね。

                  まぁ結局そっちは牛角と同じ類。

                  絶対当たりが出て、その上で実は抽選。

                  それすら嘘だろうけど。

                  実際は変なアプリ大量にダウンロードさせられたりするって話。

                   

                  そういったまとめサイトのお決まりの流れも読んでるとうすら寒い。

                  「えっお前らこれ知らないの?wwwww」

                  「情弱乙wwwww」

                  みたいなあれなんとかならんかね。

                  まぁ分かりやすくていいか・・・。逆の意味で。

                   

                  今回の牛角騒動でああいうの撲滅できないもんかな。

                   

                   

                  うまい話には裏がある。

                  気を付けましょう。


                  モノリスまだまだ募集中。

                  0

                    モノリスソフトが3DCGデザイナーをもっと欲しがっているようです。

                     

                    求人広告ページ

                     

                    ゼルダやゼノなどとにかく3DCGが核になる大作ゲームの製作が中心なので

                    デザイナーがいくらいても足りないんだろうなぁと。

                    そういえばWEB制作スタッフは集まったのだろうか。

                     

                    早く、集まった力が形になったものが見たいですね。

                     


                    モノリス京都スタジオ採用サイトオープン。

                    0

                      モノリス京都スタジオの採用サイトがオープンしています。

                       

                      概要を読んでちょいと思ったのが、

                      ゼノや下請けのお仕事がメインで、

                      以前噂のあった京都スタジオ独自のタイトルっていうのは

                      やってないってことなのかな〜っていうw

                      裏で進んでるにしては時間かかりすぎてるし、

                      下請けの任天堂タイトルも結構な数。

                      さすがに独自タイトルまで手がつかない気がする。

                       

                      まーまー、よいのです。

                      こういうお仕事を地道にやっていくのが生き残る秘訣だし、

                      そのおかげでゼノも出ているので京都スタジオの縁の下の力持ち感が感じられます。

                       

                       

                      そして募集要項を見るに、

                      これまでモノリスは割と実戦経験のある人、即戦力になる人を募集していた

                      イメージがありますが、

                      新卒採用も広く募集して「育てていく」という会社になってきている感じを受けました。

                       

                      この新しい風がゼノに限らず、日本のゲーム業界を支えていく力になればいいですね。

                      さー、やる気のある若い子らよ京都スタジオにGO!

                       


                      | 1/2PAGES |
                      | /PAGES | 12>|next>>

                      PR