6月間違いないですな。
2017.05.02 Tuesday 21:15

嵯峨さんのツイッターからの埋め込みですが、

どうも6月が待ち遠しいとのこと。

 

 

奥様がここまで期待しているということは、

やはり6月のE3と同時、あるいはその付近でゼノブレイド2の情報が来るっちゅうことですね。

 

任天堂はE3ではマスコミなどを呼んでの大規模な記者発表会はやらないとか。

また独自の発表形式を取るようなので、今後の情報に目を向けたいところですね。

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレ2間違いない。
2017.04.24 Monday 23:59

コメで情報いただいたのですが、

光田さんがツイッターにてゼノブレ2の楽曲の素晴らしさを語っているとのこと。

 

 

 

こらやばいですねw

ハードルをどんどん上げているようでいて、

全然不安が無いです。

 

もはやゲーム音楽ではないとは、どんな次元なのか!?w

素人には想像もつきません。

 

早く6月来てー!

 

情報をくれた新参者さんありがとうございました!

 

 

 

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
世界のゲーム音楽の中で最大級のプロジェクト。
2017.04.07 Friday 23:59

光田さんのブログでもすでに書かれていることなのですが、

ゼノブレイド2の楽曲が自賛するほどのプロジェクトらしいです。

 

 

ファンとしては漏らしそうなくらい・・・失礼。

とにかくニヤケが止まらないほど楽しみでたまりません。

 

今までずっとゼノファンだった人はもちろん、

ゼノギアスだけ至高という派閥の方、あるいは様々な理由でゼノから離れてしまった方も

ゼノブレイド2はやるべき!と思わせるパワーをこの作品から感じます。

何より光田さんの本気度合いが凄まじい。

 

EP1以来の光田ゼノ楽曲へのどっぷり感が楽しめそうです。

 

ニンテンドーダイレクトの噂もあるが、PVはよ!!

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
着々と。
2017.03.30 Thursday 18:43

始まったな・・・。

PVが来るであろう6月が楽しみ。

 

 

おいらはまた休日出勤確定、終わったな・・・。

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大規模なゼノレコーディング。
2017.03.15 Wednesday 23:59

コメント欄より情報いただきまして、

光田さんが今月末に大規模なゼノブレ2のレコーディングを開始するとのこと。

 

ブログから読み取るに、曲目も凄まじいことになってそうです。

 

高橋さんのこだわりが爆発すると、こうなるんですよねw

あの梶浦さんでさえEP3の時に300曲くらい作ることになった

そうですので、

ゼノブレ2は光田楽曲を堪能できる贅沢な一本になりそうです。

 

今回はどういう路線で来るのかな。

宗教的な方向や民族的な方向等様々な挑戦が

過去作にありましたが、

今作はまだ内容も世界観も断片しか見えてないので

その全貌が見えた時

新たな驚きと感動が待っているかもしれません。

 

うーん、

これからレコってことはだ、

やっぱPV等のお披露目はE3のあたりかな。

 

6月くらいまで、我慢の日々かー。

でもゼノブレ2、とんでもない作品になりそうです!

 

 

情報をくれた「あ」さん、ありがとうございました!

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレ2、コンセプトアートについて考察。
2017.01.26 Thursday 18:01

 先日コメントでhonさんから頂いた情報で、

レックスとホムラが一緒に立っているイラストがあるということで

リンクをもらいました。

 

下の画像がそれなんだけれども、

「ゼノブレイド2」のロゴが入っているのに比べて細部がちょこちょこ異なっている。

 

奥の鯨含む背景は同じなんだけど、

手前の台地と人物が構図の関係なのか全く別の絵になっている。

特に人物と剣はロゴ入りに比べれば少し荒いタッチ。

レックスも同じように見えるが結構細部は違う。

ホムラお尻出てますよー、隠して隠して。

 

・・・で、これが公式なのかファンアートなのかが気になるところだが、

ホムラの全身像、特に背面図があることから公式である可能性は高い。

まだ公開されてない背面図があるってことは、真実ってこと。

HPの採用ページのどこかで見れるのかな。

待ってると見れたりするから単に私が見逃してる可能性も。

それとも海外にだけ公開されたものなのかな。

 

というわけで信憑性はもとより、

重要なのはレックスの剣とホムラが一緒に写っていること。

先日の考察含め、恐らくゼノ界隈では「ホムラ=レックスの剣」説が

広まっているが、この画像が真実ならば「?」ということになる。

ホムラが武器になるのならば、一緒に写っているはずが無いからだ。

 

ホムラの全身図が出たことで、

PVのバストアップに比べればメカメカしていないことが分かったので

もしかしたら「武器になる」というのとは厳密には違うのかもしれない。

 

だとして、考えられるとすれば

「武器になる」と言うよりかは

「武器に憑依する」という説を次に考えてみたい。

 

上画像はロゴ入りの方のレックスの剣だが、

周知の通りゾハル型のくぼみがエーテル色に光っている。

そしてロゴが無い方のレックスの剣はというと・・・

光っていない。

これはそこまで細部を描かなかったのかどうかは定かではないが、

とりあえずホムラがいる状態では光っていないという構図が成り立つ。

 

もしかしたらこの武器そのものは器に過ぎず、

ホムラやヒカリが憑依すること、あるいは力を注ぎこむことで

モナドのように様々な力を発揮するのかもしれない。

 

剣の色が赤いからホムラが変身したものなのかなと言う連想に至ったけど、

ここで立ち止まってもう一度考えてみよう。

 

まぁ現段階ではまだまだ仮説だらけで、

そもそも名前すら合致しているのか分からないんだけどねw

 

 

そういえば、ホムラの胸のゾハルマークなんだけど、

イラスト段階では少しゾハル型っぽくないね。

でも、上記のロゴ無しの方のレックスの剣のくぼみが同じ形なので、

この形は初期案である可能性を推したい。

ということはロゴ無しコンセプトアートもロゴ有りよりかは昔に描かれたのかもしれない。

 

レックスの痣もこんな形とはね。

Xなのかなゼノ的に。それとも・・・「※」?w

ブレイドがゾハルマークでドライバーがXマーク?

でもホムラのゾハルマークの中にXが見えますね。

 

まだまだ謎だらけです。

 

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレ2考察。楽園には何があるのか?
2017.01.19 Thursday 20:47

ゼノブレ2に関して、ゼノファンの間で話題になっている、

英語字幕版の「楽園」の訳、エリジウム。

そこには一体何があるんでしょうねぇ。

 

▶Elysium

音節E・lys・i・um 発音記号/ɪlíʒiəm, əl‐|‐ziəm/

 

1

a 【ギリシャ神話】 エリュシオン 《善人が死後に住む所》.

b  不可算名詞 極楽,浄土,理想郷.

 

2

不可算名詞 無上の幸福.

 

 

例えば主人公レックスは、恐らくホムラに対して

「君のために楽園に行く」と言っているのだとは思います。

だとすれば、楽園は直接的にはホムラの方が優先度が高いことになります。

 

ホムラがもともと楽園へ行こうとしている?

 

「その気持ちを、お前に閉じ込められてたまるかーっ!!」

というセリフはレックスたちの敵に対し向けられているものですが、

もしも「その気持ち」というのが仮に

「ホムラが楽園へ行こうとしている」という強い思いなのだとしたら、

ゼノサーガのM.O.M.Oの最初期のキャッチフレーズ

「天国へ行くことを夢見る百式レアリエン」に近いものを感じます。

(※もっとも、そのキャッチフレーズは解釈の仕方が難しくなってしまいましたが。)

 

 

次にレックスとホムラの命の共有問題に関しても

深い関わりがあるのかもしれません。

楽園に行くとその繋がりが解けるとか。

 

 

だとして、レックスは当然何も知らない。

でもホムラはどこまで知っているのか?

 

「みんながいるこの世界が・・・大好き・・・。」

このセリフは「みんな」と言っているようにある程度仲間が増え、

とある重大な場面で事件が起こり、

何か自己犠牲的なことをやろうとしている直前のセリフのようにも聞こえる。

 

つまり楽園に着いてから何かが起こったとか。

 

まだまだ分からないことだらけですが、

ホムラと楽園の間には一抹の不安要素が感じ取れます。

 

 

ではエリジウムには何があるのか?

 

1:ゾハルやモナド等のエーテル力の源がある。

 

2:エーテルの力場が濃いため、テレシア(グノーシス)がうじゃうじゃいる。

 

3:古代の遺物(巨神や機神の心臓部)、

  外の世界からの異物(宇宙船の重要区域)、

  高次元の構造体等、ゼノっぽい異質なダンジョンがある。

 

4:シュルクがグレて引きこもっている。

 

ふいー、こんなところでしょうか。

とにかく感じるのはエルドリッジやミクタム地下遺跡やライフポイントの様に

世界を揺るがす、どんでん返し的な何かヤバいものがあるってことです。

楽園に大樹の様なものがあるのも、生命の樹的なイメージなのでしょうか。

この世界の人間の形を保つエーテルの源があれば生命の樹がイメージとしてあるのもうなずける。

 

そして、「善人」が死後に行くという様な聞こえのいい響きも怪しい。

 

例えば、善人ではない部類の人はどうなるのか?

加えて、ゼノブレ2の楽園以外の世界が

そんなにも危機に瀕しているような状態なのかも気になるところ。

楽園と言う言わば「都合のよい」世界に思いを馳せるというのは

それだけ追いつめられた状況にあるということです。

 

なのでホムラがもし楽園に夢を抱くような少女だとしたら

その心に危うさがうかがえます。

楽園に到達したとき、その現実に耐えられるのかどうか。

そのあたりがドラマの見どころなのかもしれません。

 

さっきM.O.M.O.の話をしましたが、

ホムラってホムスなんでしょうかね。

洒落とかでなく、ブレイドという武器に変化するって言うのは

マシーナ的な面を感じるのですが。

その意味では楽園に行くとホムスになれるとか。

もしかして武器になって元の姿に戻れない事件が発生するとか。

 

それこそヨアキムに善い行いをたくさんしたら人間になれるんだよ

と言われたM.O.M.O.に近いものを感じますね。

 

というわけでゼノファン的には、

ホムラはゼノサーガでM.O.M.O.が表現しきれなかったことを

やるのではないかということをここで一筆書いておきます。

 

天国と楽園。

前者は形が無いものですが、後者は現実として襲ってくるでしょう。

その意味ではシオンの様な辛いことがホムラに待っていなくもありません。

 

エリジウムという映画も天の楽園世界に対して

地上の貧困世界の対比がありました。

 

 

この極端な意味を持つ楽園と言う世界に興味は尽きないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレ2 PV1 キャラクター照合。
2017.01.16 Monday 20:38

 せっかく色々コメントも頂いて新たに分かったこともあるので、

今日は現在判明しているキャラクターを画像と照合してみましょう。

 

 

 

 

主人公:レックス(ドライバー)

 

レックスはラテン語で「王」の意。

画像ではまだ胸にコアは見当たらない。

→追記:モノリスHPに全身図アリ、胸にコアの様なものも確認。

ブレイドとなる者を武器として制御し操る。

何人も契約できるかはまだ不明。

ホムラとは何かの事件によって、命の共有関係にあると思われる。

 

 

メインヒロイン?:ホムラ(ブレイド)

 

レックスと命の共有関係にある少女。

レックスのブレイドとなり戦う。

↑ブレイドの力を発揮し剣になった状態のホムラ。(まだ予想段階)

ブレイドがエーテルの力を引き出し、ドライバーが制御する。

アニマとアニムスの関係。

コアはサーガにおいてエーテルの根源たるゾハルの形をしている。

 

 

 

ネコ耳の亜人の少女:ニア

 

古代船に乗り込む時に出会うと思われる亜人の少女。

シンという人物と同じ組織に所属してると思われる。

ビャッコ(白虎)というでかい猫が相棒?(ビャッコという名前はまだ仮)

上画像はビャッコと思われるでかい猫。

移動手段に使われるかも。

乗っているのはニア?ちょっと髪型が違うような・・・

ああコスチュームチェンジの影響かな。

 

ニアには今のところコアが見当たらない。

パーティメンバーが全員が全員ブレイドではないのだろう。

ブレイドには男もいるかもしれない。

 

 

 

 

もう一人のヒロイン?:ヒカリ(ブレイド)

 

コアが確認できることからブレイドと思われる。

まだ主人公のブレイドとなるかは不明。

ニアが言うにはナイスバディ。

 

 

というわけでメインの4人。

ニアも画像あったんですねぇ。アレがニアだったのならですがw

いただいたコメントによると猫の鳴き声「ニャー」からニアではないかということでした。

主人公以外パーティーメンバー全員ブレイドになっても大変な気もするので、

ニアとかはドライバーになって欲しい気も。

 

次の情報では男キャラが知りたいなぁ。

ヴァンダムとかパーティー入ったらすごいな。快挙だよね。

シンとメツが今のところ候補かな。

 

さてここまでやって、名前と画像が一致してないって言う落ちが来るかもしれないがw

とりあえず第一弾てことで!

 

モノリス公式が少し更新されています。

採用情報に飛ぶとレックスとホムラの立ち絵ラフが見れたりします。

(情報をくれた yuruhikoさんありがとうございます。)

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレ2の高橋原稿の断片解読。ちょこちょこ修正・追記済。
2017.01.15 Sunday 22:22

今日はずっと解読作業に明け暮れてました。

以下のPVの音声セリフも記載しておきます。

 

主人公「俺は君のために楽園に行く。」

主人公「その気持ちを、お前に閉じ込められてたまるかーっ!!」

赤髪の女の子「みんながいるこの世界が・・・大好き・・・。」

黄髪の女の子「私もう決めたから・・・もう・・・怖くない。」

 

さて、一時停止の鬼と化した私が頑張ってつなぎ合わせました。

こういう形の方が分かりやすいと思います。

 

・キャラセリフ→段落無し

・キャラセリフ2行目→段落有り1マス

・地の文→段落有り2マス

 

・解読不能の表示「○」

・因みに高橋さんの原稿特有なのですが「・・・」は「−−」で表現されます。

・私の想像で埋めた単語→赤字

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1:右上の原稿

 

○○○○信じられん」

○○○○のか?」

レックス「でも事実」

そう言って胸元のコアを見せるレックス。

ヴァンダム「ただのアクセサリーかと思って

 たぜ」

レックス「んなわけあるかっての」

ヴァンダム「ブレイドはどんな傷を負ったと

 しても、すぐに回復する。

 コアを破壊されるか、ドライバーが死なな

 い限り不死身だ。しかしお前らは−−」

レックス「まあ仕方ないよ。

 こうなっちゃったんだから」

ヴァンダム「困ったもんだな。

 これじゃあどっちがぶっ倒れてもアウト

 ないか」

レックス「一人前のドライバーはブレイドを

 守るんだろ?

 ならオレがホムラを守ってみせる」

ヴァンダム「口で言う程簡単なこっちゃない

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

2:右下の原稿

 

リーダー「各班、準備の出来た者から

 侵入開始!」

  リーダーと共に2名の潜入○○員○○

  古代船の入口に向かう。

メツ「さて、俺達も行くか。」

  移動しようとするメツ。

  続くニアとビャ○コ。

  だがシンはレックスを見つめ○○○

シン「−−お前も来るか?」

レックス「え?」

スタスタと行ってしまうシン。

ニア「こいつも連れて行くって言うの

シン!」 

答えないシン。

メツ「(ニアに)お前らだけじゃ心配だと  

よ」

ニア「なっ−」

メツ「ハハハハ!」

豪快な笑いを残して去っていくメツ。

ニア「チッ−−!」

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

3:左上の原稿

 

○○○○○来る人物が。

 

 先に入らせてもらってるよ−−って

 ヒカリ!?」

入ってきたのはホムラではなくヒカリ。

湯船の上に堂々と立っている。

ニア「何で?」

ヒカリ「何でって、だめかしら?」

ニア「いや、だめじゃないけど−−」

しげしげとヒカリの身体を見るニア。

ニア「ナ、ナイスバディだな」

  ヒカリ、ツンとして。

ヒカリ「ありがと」

ホムラ「温泉があるって言ったら、ヒカリち

 ゃん絶対に入りたいって言うから」

ヒカリ「で、入りに来たってわけ」

  湯船へと浸かるヒカリ。

ニア「い、忙しいね、アンタら−−

× × ×

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

というわけでここまで分かりました。

 

登場人物は

レックス→主人公?

ヴァンダム→お約束

ホムラ→赤髪の女の子?メインヒロイン?

メツ→多分ノポン、豪快な性格

リーダー→何のリーダー?恐らくシン達の組織の作戦リーダーかな。

シン→男?ニアと同じ組織?ちょっと偉そう。クールな印象。

ニア→気の強そうな女の子

ビャ○コ→ニアと同じ組織っぽい。名前の3文字目が解読不能。

ヒカリ→黄髪の女の子?ナイスバディ

 

1の原稿を見るに

ブレイドとドライバーというコンビで力を発揮するようです。

基本的にはブレイドは不死身に近いようですが、

コアを破壊されるか相方のドライバーがやられると死んでしまうようです。

 

 

しかし、どうやらレックスとホムラはちょいと違う状況に陥った様ですね。

レックスがドライバーでホムラがブレイドな様ですが、

そのどちらがやられてもアウトらしいです。一蓮托生。

命の共有状態?

 

しかし胸元のコアですか。

確か主人公はモナドの様な武器にゾハル型のコアがあったはずですが、

これはどう見るべきなのか。

 

因みにコアは緑色つまりエーテルに満ちています。

ゾハル型でエーテルに満ちているというのは・・・

ファンとしてはクスってなりますねw

 

 

ドライバー・・・運転というか操者?ロボではなく女の子を操る?

そういえばコメントでヒロインが武器になるってLacan35さんが言ってたな。

そうかレックスの武器が赤いのはホムラだからなんだね。

・・・ははぁ、なるほどね。

アニマの力をアニムスが操るのと同じ原理か・・・。

だからゾハルでエーテルか。

ふむふむ分かってきたぞ。

 

ということは赤い武器=ホムラ。

だから武器のコアはホムラのコアで

レックスのじゃない。

 

いずれヒカリも武器になるわけですね。

 

 

 

 

2の原稿は古代船に乗り込むレックス、

そこでシンとニア、ビャ○コに出会い、作戦行動を共にする。

そして恐らくノポンのメツの姿があります。

ニアはどうやらいい性格してるようですね。

メツと喧嘩が絶えない感じでしょうか。

掛け合いも楽しみです。

 

3の原稿は温泉シーン。

温泉に入っていたニアのところに

ホムラに誘われたヒカリが入ってきて・・・という

これまでのゼノでも一番のサービス回になるのでは・・・。

いいの?これw

 

といった感じで楽園を目指すわけですw

ただ楽園といっても、ゼノですから

多分碌な所じゃないような・・・。

恐らくそこで大事件が起こって大騒ぎになるでしょう。

 

特にそういった場所には世界の謎が隠されているので、

ゼノファンが目を凝らすべきところになると思います。

 

さて上記解読でさらに想像を膨らませてください。

もし空欄で分かるところあったら教えてねー。

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼノブレイド2発表です!
2017.01.14 Saturday 00:32

 遅くなりました。

いやー会社で情報見た時は、ほら来ただろー!

何で俺会社いるの?って感じで、とほーに暮れてましたw

 

では少し時間が経ちましたので、いきなり本題に入らず順繰りに感じたことを話していきます。


さて、ゼノブレイド2は2017年内に発売だそうですね。

まずこれについて一言言えるとすれば、むしろ発売がすごく「早い」のではないかということ。

 

てっきりゼノクロの続編が出ると思っていたのですが、え?そっち?とびっくりしました。

なぜなら、ゼノクロの続編の方がこの短い期間で作りきれると思っていたからです。

マップとイベント上乗せすればいいから。

でもストーリー物1本となると2年であそこまでの完成度は早すぎる気もします。

なので、これは結構前から動いていたのかなと感じてしまうわけです。

ゲームは何年も時間をかけて作るものですからそれは当然と言えば当然なのですが、

そうなるとライン別とはいかないまでも同時並行的で計画的な製作進行が見えてきます。

 

逆にゼノクロもあの状態で放っておくわけはありませんから、

この製作期間のズレに感じるものが指すのは・・・

別にゼノクロをやめてゼノブレ2を作っているわけではないだろうということです。

 

高橋さんがゼノクロのファミ通アンケートで語っていた、

次は濃いシナリオでという答えがゼノブレ2だったということではないでしょうか。

ゼノクロの様なオープンワールドで濃いシナリオをぶち込むのは少し無理があるので、

なるほど純RPGであるのならば納得。

 

なのでクロスはクロスでいずれ姿を見せると思います。

・・・だって、あれだけの設定がまだあるんだもん。

 

さあ次に、そのゼノブレイド2について語りましょう。

 

正直、一瞬ゼノブレ2のキャラ画像を素通りしてしまいましたw

えーっとどこからゼノの画像だろう・・・・・あれ?記事終わった・・・・

まさか・・・あの可愛い絵柄がゼノ・・・・と、真面目な話戻ってから気づくという。

 

いやー、マジかーそうくるかー!!

 

いやいやすみません、馬鹿にしているのではないのです。

私の凝り固まったゼノ基準には無いものがやってきてしまったのです。

ただ麦谷さんのキャラデザをそのまま使えばこういう風にもなるかなとは感じました。

 

実際のキャラデザは齋藤将嗣さん。

アニメ「楽園追放」ですか、知ってますよ。PVは観ました。

CGをアニメ調に動かす技術がすごいんですよね。

「楽園追放」には石垣さんや柳瀬さんも参加してますので

確かにゼノ寄りではあるのかな。

 

これはまた挑戦的ですね。

 

もっとも、ゼノブレイドはそもそも田中さんでも麦谷さんでもなく

社内デザインでしたし、だからこそこれができるのかもしれない。

リアルでもセミリアルでもない、完全な現代のニーズに合ったデフォルメキャラですよね。

良く言えば「売れ線」であり、悪く言えば「最近よく見る傾向のモデリング」に落ち着いた感。

もうちょっと険しい表情が欲しいかも。かなりマイルドですね。

 

製作上、脚本が先にあって、総監督の高橋さんがこの方向性でGOサインを出したのだから

今回はこれでなくてはならない、このデザインで成り立つ作品なのでしょう。信じるしか!

 

 

・・・と、デザインですっかりあたふたしてしまったわけですが、

 

楽曲は光田さんをメインに、ACE・平松健治・清田愛未というゼノブレでもおなじみの布陣。

これは嬉しいですね。

間違いないというやつです。

みんなで泣こう。

 

しっかし、光田さんよくぞ参加してくれました。

今度はEDだけじゃないぞう!わーい!

 

 

さて最後にPVで気になった点を書いていきます。

主人公やヒロイン達がモナドっぽい武器やフィオルンの様な機械の身体をしていますが、

そこに必ずゾハル型の光る溝がありますね。

 

 

ここまであからさまにゾハル型だと気になるというもの。

十字架ならどこにでもある?

いいえこの比率、角度はサーガのゾハルですよ。

この武装のエネルギー源が知りたいところです。

 

 

世界観に関してはエーテルが溢れているので何でもありのファンタジーです。

機神や巨神がいない分、空中に様々な都市などの仕掛けがありそうですね。

主人公の目的に楽園を目指すとありますが、

遠くに見える大樹の様なものと関係があるのでしょうか?

 

ノポンもいる。

因みに時代設定はいつごろなのだろうか。

前作より何万年も経っているのだろうか

ゼノクロが外ならゼノブレは中。

この作品でなにかゼノクロの謎も分かったりするのだろうか?

 

 

 

日本向けPVだけに高橋監督の名前が出るところに脚本がありますが、

シン、ニア、ヒカリ、レックス、〜ダム(ヴァンダム?)等の名前と、

胸のコアとかドライバー、ブレイドはどんな傷を負っても回復するとか

古代船などの気になる単語等が。

これぞゼノの醍醐味。

細かな単語を拾う!!

 

さて、皆さん祭りが始まりました。

デザインは〜慣れるでしょう。

欲を言えばもっとキャラに深みが欲しいけどねw

 

2017年をまずは楽しく!新たなゼノの年に!

 

| フォレスト | ゼノブレイド2 | comments(19) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!
Recommend
ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪
Recommend
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!
Recommend
Recommend
Recommend
ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM