検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

ゼノブレイドDE 考察 再浮上

0

    ゼノブレイドDEのネタバレ考察板です

     

    注1)このタイトルのコメント欄のみ完全ネタバレOKです。

    未プレイ未クリアの方や、ネタバレNGの方はご注意願います。

     

    注2)情報量的に本編&つながる未来をまとめます。

    片方だけクリアしている方はご注意願います。

     

    深読み、ちょっとした気付き、ゼノシリーズ通しての繋がり、

    他ではちょっと話づらいことも楽しく議論して、

    次のゼノへの期待を膨らませていきましょう!

     

     

     

    再浮上追記↓

    過去の考察板もカテゴリに入れました。

    いつでもひとっ飛びできます。

     


    黄金の国イーラ ネタバレOK 感想・考察板。

    0

      ゼノブレイド2 黄金の国イーラの

       

      ネタバレOKなコメント欄です。

       

       

      ※ネタバレはここのコメント欄だけなのでご注意ください。

      随時トップに上げます。


      ゼノブレ2、このコメント欄のみネタバレ解禁!!

      0

         ゼノブレ2クリア記念

         

        コメント欄だけネタバレを開放します!

         

         

        こうすれば見ようとしなければ

         

        一切見なくて済むかなと考えました。

         

        ココのコメント欄だけですよー!!

         

         

         

        クリアした方は思いの丈や自分の考察を

         

        好きなだけ綴って下さい!

         

        ※定期的にageます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        ゼノクロ設定資料集を読んでの考察など。(ネタバレあり)

        0
          いやーまさか発売日に読めるとは思ってもいませんでした、資料集。

          ネタバレ回避していた身でアレなんですが、
          ちょいと早めに書いとくべきかなと思って決意。
          バレ気になる方は一読してからよろしく!


          そいでは、














          ・Art に関して
          資料集タイトルがArt of MIRAというだけあって、
          本の大半が膨大なイラスト資料。

          ゼノギアスPWのような世界観設定資料としての分量はほとんどありません。
          ですがまれに重要な説明文があったりするので、なるべく拾っていきたいところ。

          田中絵に関してはやっぱり重みありますね。
          正確なデッサンと美の黄金ライン、さらに緻密なメカメカしい服装、
          それらすべてをあえて太めの鉛筆で描く。
          もうそれだけで他の人には出せない領域に至っています。

          同じキャラを描かせても、まったく違ったニュアンスになる。
          流石の手腕ですね。

          中でもエルマさんとグインの立ち絵は凄まじいです。

          それとは別に感じたのは、3Dモデルになると
          魅力が大幅に落ちているキャラがいたことでしょうか。
          というかイリーナの髪形についてはキャラデザとまったく違うやんけっていう。
          ラオも田中絵で見ると魅力がマシマシ。
          共通してるのは髪の微妙なウェーブが無くなっていることかな。
          やはり3Dモデリングについてはもう少し上を目指せるかも。



          あと、海外限定版についてくるアート資料の動画見たので
          気づいたんだけど、
          海外に向けて公開された資料にあった裏設定的な部分が
          意図的にオミットされている感じを受けました。
          ああいうのがこの資料集にもそのまま載ると思ったんだけど、
          流石にそうはいかないか。
          セリカとニールネールの関係とか、現在も生きている設定かは分からないしね。

          まぁ、それでもニールネールに関してはキャラクター&メカ共々載ってはいます。
          かなり意味深に・・・。

          ちなみに、セントラルライフのモノリス型マザーコンピューターの資料を
          穴が開くほどの眼力で見ました。
          ちょいと覗く黄金部分がアレなんじゃないかと、そりゃあもうひたすらに。
          もっと大きな図で見たい・・・。

          ・ゴーストについて
          ついに紫の異星勢力についての資料が公開されました。
          正式名称となるかはわかりませんが、今のところ「ゴースト」らしいです。
          なんてグノーシス的な名前なんでしょう。

          巨大なものになると天使の輪のようなリング状のモノもありますし、
          生体兵器が乗ってるのか、あるいは意識だけが乗っているのか・・・。
          気になりますね。

          ・未公開資料について
          これはやばい資料ですよ。
          何がやばいかというと、読む人が騙されるような作りになっているからです。

          まず、これは電撃のスタッフにモノリスが送った資料の中にあったとのことで、
          「意図的に」モノリスが流した資料ということをまず理解していただきたい。

          未公開資料には、アバターではない主人公、ヒロイン、そして親父なるキャラクター、
          さらにメカ設定、ゴースト、セリカの故郷クリュー等の資料が載っている。
          これを見て一つ湧き上がる考えは、
          「あぁ、もしかしてゼノブレイドクロスは本当は彼らが主人公で、
          途中で今の形に変更されてしまったのか・・・。
          この資料は使われなくなったものなのだな、もったいない・・・。」
          みたいな方向性のもの。

          しかし、そう思った人はちょっと待って。
          例えば資料には「黒騎士」というキャラが載っている。
          電撃スタッフコメントには「ゼノクロ本編で足元を見たことがある」と書いてある。
          ・・・とすればあそこしかない。

          本編ラスト、ラオに近づいて行った黒いマントの影。
          そして黒い靴。

          恐らく彼だ。

          加えて、主人公機が「アレス」であると書いてある。
          だが、ここに載っているのは紫色の見たことのない有機的なロボット。
          ここでもオミットされた設定かと思いそうだが、これもモノリスのトリックだ。
          本書の「アレス」の設定ページに戻ってみよう。
          この紫色メカがそのまま私たちが知っているアレスの装甲の中にすっぽり入るのである。
          つまりアレスの素体部分である。これをわざとさも新しい見た目であるかのように載せているのだ。
          一見して製作途中で無くなったデザインに見える・・・が実は現行デザインと
          変更はない。

          そしてこのアレスは複座式だ。
          そう、英雄とエルマの乗っていたOPのアレスがこの機体なのだ。
          そういえばOPのアレスは紫色の部分が多い。
          ↓ってか素体見えてんじゃんw

          進化系の変形もするらしく、ヴェルトールみたいに足が長くなる要素も盛り込もうとしてるみたいな記述が。

          つまり何を言いたいのかというと
          未公開資料の主人公=英雄ということになるってこと。

          ということはゴーストに突っ込んでいった英雄側の
          物語が「別に」存在するということになるのだ。
          恐らくそちら側では、ゴーストやクリューと密接に絡む物語になるのではないだろうか。
          それも、これを読む限りでは、今作の裏側の話として遜色なく存在できるモノ。
          言ってみれば次回作の設定の先出しに近い。

          ナギの言っていた刀使いが、英雄のことなのか、
          はたまた「親父」なる人物のことなのかはわからないが、
          黒騎士が刀を使っているところを見ると、
          この二人のどちらかの可能性は高い。
          ダースベイダー的に親父が黒騎士になるというのもありかなw
          っていうかスターウォーズやダンバイン要素も入ってくるのか・・・なんちて。

          そして、もしこれらが本当にオミットされた設定ではないとしたら、
          未公開資料に載っている惑星ミラ全景も本物ということになる。

          つまり今作はやはりまだミラの一部だったということ。

          そして機神頭頂部のようなデザインのイラスト。
          巨大な塔。

          次に、高橋さんが存在はしていると言った日本の移民船の都市ニュートーキョー。
          そこで使われているパトレイバー型ドール。本作にもちょいと顔見せてましたね。

          クリューとガウルについての設定。
          本作であまり活躍しないのに、セリカとロックが少し重要視されていたのは
          英雄側のストーリーに密接だからでしょう。

          そして・・・「」の元の姿・・・。
          ・・・ルーって見えてますよ・・・。
          マシーナっぽいってありますが、やはり関係ありそうな胡散臭さw

          ・・・ってわけで、他でどんな考察がされているか、見てないのでわかりませんが
          私はこういう見方をしました。
          「未公開資料は本作に支障きたさず、はめ込める作りになってるよと。」
          どこかでは、「うわっ任天堂まったく別のゲームにしやがったな」とか
          脊髄反射的にそういうことを言う輩がいそうなので、
          早めに私なりの考えを言っておこうと思った次第。

          っていうか次は英雄主人公で、ミラのまだ見ぬところにも行ける可能性があるので
          すごく楽しみです。
          これ作っているのならば、アプデとかやってる暇ないかも。

          まだ資料集で気づくことはあるかもしれないので、
          何かわかったらまた書きます。

          最後のインタビューはあまり深いところには触れてなかったですね。
          オープンワールド制作の苦労がほとんどで。
          でもEP2監督の新井さんの忘却の大陸裏設定は興味深かったです。
          どこまで本筋と捉えていいのかはわかりませんが。
          あの穴にはそんな秘密が!!
          しかし・・・新井さん老けたなぁ・・・あれから10年以上経つもんね。

          というわけで皆さんも何かわかったら教えてね!



           

          | 1/1PAGES |
          | /PAGES | 1

          PR