検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

シン・ゴジラ感想。(ネタバレ有り注意)

0

    というわけで観てきました、シン・ゴジ。

    (※極端なネタバレはしないように書いたのですが、

    どうしてもほんのり、ズッパシ出ちゃいますね。

    気になる方は観てから読むことをおすすめします。)

     

     

     

     

    ・・・で、率直にすげー面白かったです。

    行くのに渋っていた友人も、観終わったあとは「ごめんなさい」状態で

    私以上に興奮していました。

     

     

    テーマ的には現実とリンクした核や有事の際の対応などが絡められていますが、

    「追い詰められた人間が何をするか、見せてくれるわ!」という

    トップをねらえ!的な一貫した庵野イズムが随所に見られて、

    ああこれは小難しいやりとりをオブラートに分かりやすいエンターテインメントを

    押し出してるのだなと感じました。

     

    そもそもこの作品、庵野演出が濃く出まくりで、

    お得意の名称の表示や、アニメ調の短いカット割り、電線・電灯等のイメージカット、

    同じものを羅列するシュールな画面と空間の演出、

    BGMに至っては聴いたことのあるアレが流れるなど、

    ゴジラを観ているというよりは人間だけで使徒を倒そうとするエヴァを観ている感じでした。

     

    会話も難解な専門用語、政治用語をものすごいテンポでぶつけ合うために

    子供向けとは言えない作品となっていて、

    逆に劇場に多かった年配の方々の理解度はどうなのかなと気になるくらい。

    (友人は劇場版パトレイバー2を連想していましたね。)

     

    なので一番この作品を受け入れる層はエヴァ(庵野)ファンなのかなと思いました。

    もちろんゴジラとエヴァ、両方好きなら抵抗なく楽しめるでしょう。

     

    逆にエヴァを知らずに従来のゴジラのみに強烈なこだわりがあったり、

    エヴァ(庵野)的演出が「いつも通りだなぁ」という見方をすれば、

    評価に繋がらないということになる気がします。

     

    ただ、今回のゴジラの異形っぷりと、大きさの対比による巨大感演出、

    そしてイデオン並みの兵装、破壊に次ぐ破壊は見るものに「恐怖」を与え、

    人間の根源的な感情で「これはやばい」「なんとかしなくては!」という

    焦りを抱かせてくれます。

    この不気味さの演出も庵野さんお得意のものですね。

     

     

    んで、思ったのですがこの映画を見たときに右翼だ左翼だ憲法だという考えは無粋なのかもしれません。

    あくまで私の感じ方ですが。

     

    人間の愚かさで生み出してしまった異形の究極生物を、

    人間が生き残るために殺すという二重の愚かさ。

     

    そのことを頭蓋の上から容赦なく叩きつけてくる作品だと思いました。

     

    そしてだからこそ、人間の恐怖と向き合う作品だからこそ、

    今多くの人が「面白い」と感じているのだと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    とにかく予告編などはかなり本質を見せないようにしていた様なので、

    私の友人のように

    「ゴジラ〜?俺は35歳だよ〜?ゴジラなんてちゃんちゃらおかしくて・・・

    ンまぁ〜〜いッッ!!」

    みたいになる人が増えている気がします。

    庵野さんの得意分野が炸裂していますので、

    ゴジラに興味ない人でアニメ好きな人はハマる可能性が高いです。

    騙されたと思って足を運んでみるのも!

     

     

     

    最後に・・・マフィア梶田氏はいい仕事をしていたと思います。

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 17:03
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      シンゴジ、ご覧になりましたか
      いやあ、邦画特撮(界全体)で久々の快作でしたわ
      ちゃんと興業収入にも結果が出ているようで、
      近年のアニメ、漫画実写化が上位の常連といわれている
      温い邦画界の横っ面をはたいてくれたと思っています

      >庵野演出
      大人数による延々と続き、何度も繰り返される会議。
      同じ状況でも、大統領の即断で決まるアメリカ映画などとは
      対照的ですよね
      作戦室に散らばるカップ麺など、生活感ある演出も良い味
      してました

      石原さとみの役、カヨコはこの映画の人物にしては、
      いかにも創作のキャラといった感じで、少し浮いていたのが
      残念です

      >人の愚かさ
      人の敵はヒト。エヴァンゲリオンでも同じ台詞があり
      ましたね

      あの世界観での続編なり、外伝
      (各国によるゴジラ争奪戦、首都遷都、G細胞により
      創り出される人造人間……あ、エヴァだw)
      を妄想するのも楽しいのですが、このゴジラが良いリハビリに
      なったと思いますので、庵野さんはやはりシン・ヱヴァに
      全力投球してもらいたいです
      • Lacan35
      • 2016/08/08 10:21 PM
      >>Lacan35さん

      Lacan35さんこんにちは!
      観てきましたよ〜!

      >邦画特撮(界全体)で久々の快作
      確かに快作。
      なんというか、やはり庵野さんは観ている人が気持ちよくなる方法を知っているなと思いましたねぇw

      興行収入は映画の入場料以外はあまり見込めない作品だと思うので、それでも結果が出ているというのはすごいと思います。
      BDも欲しいなぁとマジで思ってます。
      貢献できるかな。

      >温い邦画界の横っ面をはたいてくれた
      邦画界は温いし黒いですよねぇ。
      協会の興行収入の吸い上げさえなければ、
      アニメーターや声優さんの賃金も上がりそうなものなのに、
      つまらない映画を作るための資金源になっていると思うと、
      確かにゴジラは映画の可能性や作り手の実力というものを
      業界にぶつけていますね。

      >アメリカ映画などとは対照的
      確かに独特というか日本ならではの会議シーンですよね。
      大杉漣さんの「え?今決めるの?」みたいなセリフはいかにも日本的だなぁと。

      >作戦室に散らばるカップ麺
      ああいう演出がリアル感を出すんですよね。
      と同時に、小奇麗な映画に見慣れていると逆に虚構に見えるような不思議な感覚に陥ります。
      エヴァにもよくある演出法ですね。

      >石原さとみ
      確かに浮いていました。
      この配役と人物像に関しては意図的なのかも気になるところですね。

      >エヴァンゲリオンでも同じ台詞
      ゴジラが形態を変えるのを見て、「・・・すごい。」っていうセリフもミサトさんを思い出しました。
      庵野さんの中では一貫したものがあるのでしょう。

      >庵野さんはやはりシン・ヱヴァ
      この高評価はヱヴァQでのダメージにいい効果をあらわしそうな気もします。
      このタイミングでヱヴァに終局を、と本当に思いますね。
      あとはガンガン怪獣映画作っても良いですのでw

      いやーでも、この映画・・・一回見ただけじゃ足りませんねー。

      • フォレスト
      • 2016/08/09 5:17 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR