検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

思えば遠くへ来たもんだ。ゼルダクリア。

0

    ハイラル城頂上部から始まりの台地を眺める。

    というわけでハイラルの古代兵器を掃討する為に探索していたら

    ついついラスボスのイベントに捕まってしまい、

    流れでクリアしてしまいましたw

     

    いやー楽しかったですね。(まだやることありますが・・・。)

    プレイするたびに何か見つかる、

    この世界にいる限りは暇をすることがない。

    ゼルダが発売されてから現実生活がハードモードでしたが

    このゲームのおかげ耐えることが出来ました。

     

    物語は「100年の時と記憶」という簡潔ながらも

    普遍的に人の心を打つテーマ性がゲーム全体に自然と溶け込み、

    この世界全てから切なさを感じる素晴らしい完成度でした。

     

    まだ、祠が一つ二つ見つけてないのあるんですよね恐らく。

    コログはもはや攻略当てにしないときついでしょうが。

    いやぁ、流石に残り少なくなってくると見つけるのが大変。

    でも、全部世界を回ったと思っていても、

    たまにこれまで見逃していた遺跡が見つかったりするんですよね。

     

    もう少しで攻略本とか出るんでしょうが、

    これからプレイする人たちは

    ほんとそういうのを見ないで発見する感動を味わって

    欲しいですね。

     

    不満点はほとんどないゲームでしたが、

    セリフ送りが少し硬いのが気になりました。

    セリフの終わりも分かりづらくて、

    町の人との会話が長い場合、

    会話が終わったと思ったらもう一度話しかけてしまい

    ちょっとストレスだったかな。

    こういうの修正・改善できないもんですかね。

     

     

    というわけで終わったものの、

    またちょこちょこ入ろうかなと思えるゲームです。

    DLCも楽しみ。

     

    改めてこのゲームを薦めてくれた方々に感謝を。

    任天堂とモノリスにも感謝を!

    ありがとう!最高でした!


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.21 Monday
      • -
      • 16:35
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      記憶探し=ムービーを能動的に観る仕様がオープンワールドにぴったりでしたね。
      ただ毎回記憶喪失を使う訳にもいかないので次回作を生み出す苦しみは凄まじいものがあるでしょうね。
      「もっとモンスターの種類が多ければ」「もっとガッツリ物語を楽しみたい」という思いもありますが、それはゼノで味わえるだろうという、最高の補完関係だと思います。
      • kamo
      • 2017/04/20 4:40 PM
      >>kamoさん

      こんばんは!

      >記憶探し=ムービーを能動的に観る仕様
      深い説明が要らず、誰でも理解でき、かつオープンワールドの世界観を妨げない。
      今回限りの良設定ですね。

      >次回作を生み出す苦しみ
      まだ何か、オープンワールドで使える設定が隠されている・・・はず!

      >最高の補完関係
      確かに。ゼルダ、ゼノブレ、ゼノクロの波状攻撃で来る気でしょうかw
      たまりませんねぇ。
      • フォレスト
      • 2017/04/20 5:59 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR