検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

Fate/SN HF 第一章 感想ネタバレ無し。

0

    Fate HF観てきましたよ。


    ネタバレは避けますが、
    とにかく構成と戦闘シーンが圧巻でした。

     

    あの長いHFを、ともすれば冗長になってしまうお話を
    よくあの尺でまとめあげたなと。

     

    様々なカットはありますが、必要な部分はしっかりとカバーしているし
    (※各話共通シナリオは各自補完しておく必要あり。)
    だからと言って急ぎ足感はほとんど無く
    ゆったりとした間を取り持ちつつも
    超人同士の戦闘描写の迫力とスピーディーさが
    緩急ついてて終始心地よかったです。
    (※みんな音速越えすぎじゃなかろかw)

     

    でも最初はこんなじっくり描写して、尺持つの?と不安になるくらいでしたね。
    でも3部作の序盤を完璧に描いていました。

     

    まぁ、恥ずかしい話、HFって
    原作は長い上に色んなこと起こりすぎて
    序盤でどういう順番で事が起こったのか
    結構忘れていたりしたんですよね。
    そこがアニメ化されたことによって
    フラッシュバックされたし、
    もう明確に記憶に刻まれました。

     

    改めて3ルートを俯瞰で見た時に、
    このHF第一章はカタストロフィ的な事件だなと。
    パンフレットによると「日常の崩壊」とありますが、
    2ルートまでのルールが次々と壊れていく辺り、
    Fateとしての基本軸の崩壊的な流れであることが
    今回の劇場版で強烈に刻み込まれました。

     

    ここ数年間ずっと味わったことのない映画での満足感を
    友人とともに味わった感じです。
    友人がやっぱ桜の破壊力やべーなとか言い出して、
    え?桜好きなんて今まで一回もいったことないじゃんっていうやり取りも。
    実は好きだったらしいです。隠していやがった。

     

    一方、不満点ではないのですがシリアス重視だったので、
    あのシーンの2度目のツッコミが無かったのが・・・まぁいっかw
    帰り道で深夜営業の中華店に寄ってそのシーンに関連するモノを食べました。

     

    あとそうだなー、あの人の活躍も次回かーなんて思いつつ、
    次回作まで待つのがすごく長く感じてしまう映画でした。

     

    ネタバレ抜きじゃ語りつくせないな。
    ネタバレ有りだと逆にいくら書いても終わらないけど。

     

    とにかく間違いないのでFate好きな人はBDではなくて必ず映画館で観るべき。

     

    ポジティブな映画感想なんてホント何年ぶりだろう。
    本音で映画感想書くから、結構書いてから後悔するんだよね。

     

    いやー、今回は気分が良い!


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 21:27
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      自分も観てきました
      原典のゲームを遊んでないので、今回の映画が初HFです
      観賞以前は、内心、Fate初代の映像化もDEEN2回、ufoUBW、
      これで4回目なので、そろそろ新鮮味も無くなってるよあ……
      と、思っていたのですが、剣対騎のまさかの決着に
      おやっ? と思い、それ以降は次々に予想外の展開
      終わりまでずっと飽きずに楽しめました

      同じ制作スタジオ故か、ところどころZeroの要素を入れてましたね
      (原作でもそうです?)

      第二部は来年の今頃公開でしょうか
      その間も現放映中のアポクリファ、extraとFateの映像作品は途切れませんなあ

      >(※みんな音速越えすぎじゃなかろかw)
      ufoの戦闘っていい意味で分かりやすいですよね
      高速チャンバラ、ハイジャンプ、攻撃を喰らうと吹っ飛びはド派手
      • Lacan35
      • 2017/10/16 10:45 PM
      >>Lacan35さん

      >原典のゲームを遊んでないので
      それはさぞかし衝撃的だったでしょう。
      2章と3章は最高の山場がそれぞれにあるので楽しみにしていてください。

      >終わりまでずっと飽きずに楽しめました
      そもそも原作も通しでプレイすると相当長く、
      UBWで飽きてくる人もいるかもしれませんが、
      そこでやはりHFなわけです。
      予想をいい意味で裏切る展開が最後までプレイさせてくれるわけですね。

      なのでLacan35さんのHFを観る前の心理はまさに丁度いい具合だったといえます。

      ただ、原作の第一章部分は割と平坦で、あれほどのスペクタクルはないんです。
      それがあそこまで引き上げられたわけですから、
      残り2作はマジでやばいことになると思います。


      >ところどころZeroの要素
      実は一番Zeroと密接なのがHFと言っても過言ではありません。
      当然過去を語るシーンも原作にあります。
      結構削られてもいますが原作通りなんです。
      むしろ原作では切嗣の真実はここで知ることになるんですよね。

      ただ、UFOがZeroを手掛けたことで、
      有機的に自然に、過去のシーンを差し込めるようになっています。
      セイバーの関わりも深く描写できるようになっています。
      なにせ原作が出たころはZeroはなかった上に、
      設定上で少しつじつまが合わないところもあり、
      原作とZeroはパラレル扱いにされています。

      ですがUFOは両作品をうまく融合させているので、
      UFO版だけはパラレル度がかなり少ないのかもしれません。

      そんなわけでZeroの完結編的側面もHFはあるのでお楽しみに。


      >第二部は来年の今頃公開
      長いですねぇ。

      >extraとFateの映像作品は途切れませんなあ
      なにせFGOで稼いだ莫大なお金が支えていますからね。
      興行収入が少なかろうが、アニメ作り続けられるんじゃないでしょうかw

      >ufoの戦闘っていい意味で分かりやすいですよね
      あと波動が出まくりですね。
      アクション監督が同じなのでしょう。

      間違破壊されまくりで言峰さんが大忙しです。


      • フォレスト
      • 2017/10/16 11:33 PM
      ↑修正

      間違× 街が○
      • フォレスト
      • 2017/10/16 11:36 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR