検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

鶴ひろみさんの訃報。

0

    声優の鶴ひろみさんが亡くなられたと聞いて

    耳を疑いました。

     

    とてもショックです。

     

    57歳、若いですね。

     

    ドラゴンボール世代で今も見続けている者としては、

    悟空とブルマは物語の最初から最後まで歩み続けると 思っていました。

     

    ブルマと言えばあの声、もはやイコールなんですよね。

     

    これからも心に生き続ける素晴らしい声優さんでした。

     

    鶴さんのご冥福をお祈り致します。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.23 Wednesday
      • -
      • 21:58
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      もう、鶴さんの声で「孫くーん」が聞こえない
      本当に残念です……

      鶴さんといえば、ブルマはもちろんですが、
      GS美神の美神令子。相方の横島は堀川りょうさんで、
      こちらでもドラゴンボールのブルマ・ベジータ夫妻と
      同じような良いコンビぶりでしたね
      (原作者の椎名先生は結婚式の司会にお二方を頼むほど
      仲が良かったとか)

      昨年亡くなった水谷さんも五十代、声優という仕事は
      個人事業のため、体調管理に疎くなってしまうと聞きます
      その声でたくさんの人々が元気をもらっているので、
      少しでも変調に気づいたら医師に診てもらって欲しいですね
      • Lacan35
      • 2017/11/17 11:46 PM
      自分も休憩中に携帯を弄っていたら目に飛び込んできて驚きました。
      大動脈剥離だったそうで…。
      本人にとっても突然だったのでしょうね。

      個人的に、歳を取ったなあと実感するのが、小さい頃から大好きだった声優さんの訃報を聴いたときです。
      本当に近年悲しい報せが多いです。
      • PES
      • 2017/11/17 11:58 PM
      >>Lacan35さん

      >鶴さんの声で「孫くーん」が聞こえない
      まさに唯一無二ですよね。
      本当に残念です。

      >堀川りょうさん
      堀川さんもコメントを寄せてましたね。
      さぞショックだったと思います。

      >個人事業のため、体調管理に疎くなってしまう
      関さんも仰ってましたが、好きじゃないとやっていけない世界ですよね。
      他の人に力を与えるお仕事は身の削り方も激しそうです。

      もし鶴さんが異常を感じた時に誰かいたらと思わずにはいられません。



      >>PESさん

      >大動脈剥離
      こういうのは突然襲ってくるものですね。
      その平等に襲ってくることが、とてもやりきれないです。

      >小さい頃から大好きだった声優さんの訃報
      小さいころから好きだったということは、
      大人だった声優さんは今みんなそういうリスクを抱えているわけですよね。

      声優さんはある種ヒーローでありヒロインなわけですから、
      そんな方々の訃報はいずれ必ず来てしまうことを考えると、
      私たちの様な人間にはきつすぎますよね。

      これもアニメやゲームを好きな人間が背負うべきものなのでしょうか。
      • フォレスト
      • 2017/11/18 3:30 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR