検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

ゼノギアス20周年コンサートの記録。その1

0

     というわけで最高のコンサートを終え、

    無事に帰宅しました。

     

    その思い出を綴ります。

     

     

    その1 出発〜受付まで

     

    4月7日20時頃、現地へ向かい友人と出発。

    車での移動だったので途中3〜4時間ほどの睡眠をとり、

    8日の朝8時30分頃埼玉県川口駅周辺の駐車場に車を置き、

    電車でアンフィまで。

     

    この時心配だったのが、物販の在庫。

    人数は決まっているのだから、在庫は十分だろうとは思っていたのだけれども

    少し不安だったので事前の予定よりも早めに来たのでした。

     

    それでも電車の中で物販開始時間の9時30分は回り、

    舞浜駅に着いてからのアンフィシアター探しで結局10時近くに到着。

     

     

    そしたらもうすごい人だかり。

    物販の列が既に2回折り返している状態でゆっくり外観の写真を撮っている余裕もなく、

    すぐに列に飛び込んだ次第。

     

    列に並ぶ時に、係員の人が物販を円滑にする記入用紙と赤ペンを配っており、

    並んでいる間ゆっくり個数を記入できる仕様でした。※下画像

    ここまでするのだから在庫は十分だなとちょっと一安心。

     

     

    並んでいる間気になったのが、

    列にいる人たちの幅広さ。

    全体的に見れば、私と同じ30代後半〜40代前半の人が多いのはもちろん、

    男性ファンと女性ファンの割合が拮抗しているし、

    さらにお年を召した方や海外の方も。

     

    そして、今回のオフ会メンバーである

    Lacan35さんが現地入りしているはずだったので

    周囲を見渡したりしてそわそわ。

     

    そんな中次々に最後尾に人が増えていくわけです。

    目を向けるとそこになんか印象に残る風貌の男性が並び。

    Lacan35さんかな?まさかそんなどんぴしゃで・・・。

    たまたま目を向けたところにいた人がそんなはず無いなと。

    とりあえずもう先に入っているかもしれないし、

    物販後の時間で会おうと思って、

    意識を物販に戻しました。

     

    最後の列の折り返しを過ぎたころ、

    Lacan35さんから電話が。

    「今後尾の方に並んでいるところです、

    風貌と服装は〜でゼノギアスメモリアルブックを読んでいます」とのこと。

     

    風貌と服装は・・・さっきの人が思い返されるな・・・。

    でもまさか。

    んで、折り返したので後尾の列の人とすれ違う形に。

    さっきの人が見えてきたのでちょっと気になって

    様子を見ていると・・・メモリアルブック読んでんじゃん。めちゃめちゃ付箋付きでw

     

    というわけで声をかけてみると大正解。

    その人がLacan35さんなのでした。

     

    並んでいたのでそこはすれ違ったきりで、

    アンフィの中の物販へ。

     

    私はとりあえず、全種買いました。(CDとかは除く)

    来れなかった知り合いに頼まれた分も含めて。

    これっきりと考えるとやっぱ手加減無用ですねw

    パンフ×3、クリアファイル×1、キーホルダー×2、

    トートバッグ白・黒×1づつ、チケットケース×2。

     

    そしたら問題発生。

    貰ったスクエニの商品袋が小さい!!それに1枚しかくれない!w

    パンフ×3とチケットケースやクリアファイル入れたらパンパン。

    リュックに余裕持たせてきてよかったヨ。

     

    その後一気に重くなったリュックを背に、

    エントランスに。

    時間的には10時45分頃。

     

    そこでは田中久仁彦先生のイラストやフィギュアが並んでおり、

    そこにも長蛇の列が。

    なんでも11時10分には一旦締めるとのことで、

    もう並んでも途中で見れなくなるという係員からの

    非情なる声が。

     

    でもまだ見るチャンスはあるそうなので、

    ほっとしながら窓に貼られたポスターを撮影。

    アンフィの外で並んでいたときに、

    窓のコンサートポスターの裏をパシャパシャやっている人達がいたので

    何かと思ったら田中さんのラフイラストが印刷されていました。

     

    今回初出のラフではないですが、記念にパシャリ。

    今回の昼公演で一つ残念なことがあるとすれば

    お天気なことで外の光が強く、

    写真撮影が逆光や反射に影響されたことです。

    見づらくてもーしわけありません。

     

     

    ここで撮影していたら、前にいた男性や後ろの女性と

    軽く会話になりました。

    これ今までに出たことない絵ですか?

    いやいや、ツイッターとかに上がっていましたよ、みたいな。

    さすがゼノ、すぐ仲良くなれますねw

     

     

    そこでLacan35さんと合流。

    なんと、パンフは買えたけどキーホルダーは買えなかったとのこと。

    私の30人くらい後のところにLacan35さんはいたはずなのですが、

    その間にキーホルダーは売り切れてしまったのでした。

     

    でもまだまだ列は続いています。

    そんなに在庫ないんですか、スクエニさーん。

     

    さらに11時30分到着予定のウヅキさんはもうキーホルダー買えないと言う状況。

     

    あれば売れるのだから、もうちょっと多めに欲しかったですね、キーホルダー。

     

    私ももう少し遅れていたら買えなかったと思うと怖いす。

     

     

     

    その2へ続く。

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.21 Saturday
      • -
      • 16:55
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR