検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

ゼノサーガEP2の15周年です!!

0

    ゼノサーガEP2から15年の歳月が経ちました。

    色々ありましたがおめでとうございます。

     

    今回もDVDパッケージ風のイラストでお祝いしまーす。

    シリーズ第7弾は教皇セルギウス17世でっす。

     

    当たった人はいるかな?

    美少年&美少女を求めている方、すまん!

    私はひねくれているのだ!

     

    って実は去年描こうとしてたんだよね。

    まぁ今回はその分ってことでw

    爺を描くのが楽しいことを世の中にもっと広めたい。

     

     

    教皇の手からは戦闘時、サイババ(古い?)よろしく

    サラサラこぼれた光が印象深かったので、それをイメージ。

    ゾハルの民の力を感じさせたいと思っての演出ですね。

     

    この人も目が金色なんですよねぇ。

     

     

    文字無し版もどうぞ。

     

    も〜なんでも描くもんね。

    死角を無くしていくよ。

     

    次回はEP3の13周年。

    忙しいなぁw


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 07:48
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      フォレストさん、おはよーございます。ペンですよー。
      EP2の15周年記念のイラスト、お疲れ様でしたー。
      教皇様でしたかー、当てられませんでしたー。


      そういえば、じいちゃんを見て思い出したことがあります。

      最近図書館通いをしていて、色々なご老人を見ていて、歩き方がすり足なんですね。足音がよく聞こえます。

      それで、以前フォレストさんが「若者の体にシワをいれて老人というのは違う」という趣旨のことを言っていたのを思い出しました。

      体の使い方が違うのだから、体の形、造りも変わってしまうのも当然か、と思いました。

      年を取るとは、これほどの変化のことを言うのか、とも思いました。
      • 見せびらかすペン
      • 2019/06/24 10:42 AM
      >>見せびらかすペンさん

      ペンさんこんにちは!

      >EP2の15周年記念のイラスト、お疲れ様でしたー
      ありがとーございます。
      この時期はゼノの記念日に対応するとなると大忙しですw
      それだけ春先から夏発売が多いということですね。


      >当てられませんでしたー
      王道で来る時もあれば意外な路線で来る時もあるので、楽しんでください。

      >「若者の体にシワをいれて老人というのは違う」
      よく覚えておられましたねw
      教皇の場合はまだ姿勢が良すぎるくらいなのですが、
      顔に関してはやはり出っ張ったりへこんだりしている部分を楽しんで描いています。

      こういった枯れ方をしっかり描くのが田中久仁彦さんなので、ちゃんとしたキャラデザがいない教皇を、やはり田中さんが描くならこうかなと意識しながら描いています。

      歳を取るという「現実」をキチンと盛り込むことで、絵に説得力が出ますよね。
      シリアスなゼノにおいては手の抜けない部分ですねー。
      • フォレスト
      • 2019/06/24 5:11 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR