検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

じわじわ来てる。

0

     新型コロナ、じわじわ近付いて来ています。

     

    どういう経緯なのか患者さんが近くの病院まで移動になったそうで。

     

     

     

    まぁでもね、こういう時一番怖いのが人の心というか、

    パニックにならず冷静でいなければいけませんね。

     

    しかしこの新型コロナは自粛に始まる2次災害、3次災害まで広がりつつあります。

    それによって病気とは関係の無いところで命を落とす人も出てきそう。

    その広がり方を思うと最終的に自粛をしたパターンとしなかったパターンで

    どちらの方が多くの命が救われるのかも分からなくなってきそうで怖い。

     

    不要な外出はとりあえず避けて、悲鳴を上げながらバイオ7でもやってます。

    今やってるゲームっていうのがバイオという皮肉。

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.24 Thursday
      • -
      • 23:54
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      度々失礼致します。
      考察第2弾書かせていただきます。


      2.ギアスの年表の再構築

      キーワード:ゾハル発見 エルマの地球来訪 地球脱出時期 4000年後 

      ゾハル発見から地球脱出までの期間の地球史の部分に関して、クロスの事実を糸口に全体を考察してみました。

      ・ギアスPWの年表では
      2001年・・・ゾハル発見
      2510年・・・年号をTCに改める
      TC0016・・地球脱出

      →約526年の期間あり


      ・サーガEP騎始時では
      20XX年・・・ゾハル発見
      TC4767・・ゲーム本編

      →約5178〜5293年後の未来


      ・クロスでは
      ゾハル発見・・不明
      エルマ来訪・・2026年
      地球脱出・・・2054年


      サーガでOPのゾハル発見が一番遅い2099年だとしても、シオンの時代のTC4767まではそこから5178年あることになるのに、OPでその直後に4000年後という字幕が出るのに違和感があるんです。(TC元年がギアスPWと同じ2510年とした場合)

      一方で、ギアスPW冒頭の高橋監督のコメントでは、「星間戦争時代は現在の我々の時代からおよそ5000年後」とその時点では言っています。

      この相違の答えとして、クロスではゾハル発見後にエルマが来訪したという前提が必要ですが、もしそうなら、大幅な技術革新があった事と、敵勢力の接近によって時間の猶予がなくなった事で、地球脱出の準備期間が500年から30年に短縮されて(TC元年が2030年前後になって)そこから起算しての4700年後になっていたなら、約4000年後という括りに納得がいきます。

      さらにフォレストさんも過去に指摘していたように、サーガEP靴裡釘弔巴狼紊縫ービタルリングらしき輪が見えるのが、ブレイド1.2の史実と合致してきます。そうなると、同一世界としてまずクロスとサーガが繋がったうえで、サーガとブレイドが繋がるので、三段論法的にブレイドとクロスも、全部繋がることになってきます(実際にも舞台が朽ちた形で出現してるし)。もちろん、他にも越えなければならない相違点はたくさんありますが。


      結論を言います。

      サーガ発表当初に、サーガはギアスを再構築したという監督のコメント、この再構築が根幹的にはエルマ来訪による地球脱出時期の分岐(TC元年のif)を内包していて、この時点でブレイドの大まかな構想(もしくはクラウスの相転移実験のみ)も出来上がり、ギアスの年表から分岐したゼノ世界として新たに考えられていた、と考える事ができませんか?

      つまり、監督はスクウェアからナムコに移った段階で、今のサーガ、ブレイド1、クロス、ブレイド2までの大枠の設定はすでに作っていたんではないか、ということです。

      だとするとそこからでもすでに19年越し位の設定を小出しにしてきてるわけで、高橋監督の構成力に脱帽です・・・

      ただし、サーガEP1の設定資料集等で、TC元年についての記載は私の知る限りなかったのですが、あったら覆りますね。
      • ウヅキ
      • 2020/03/11 8:41 PM
      >>ウヅキさん

      こんばんは!お疲れ様です。
      きましたね第二弾。

      >4000年後
      この違和感は、ゼノブレイド2考察の私の動画でも語りましたが、準備期間含めても約5000年の年月があるのに「4000年後」なんですよね。
      ヴィルヘルムも救世主の時代が約6000年前(重要)って言ってるからとりあえずゼノクロの様に2000年代初頭にゾハル発見から間もたたずにT.C.が始まってくれなければつじつまが合いません。

      これはゼノシリーズとしてではなくサーガ単体の時点ですでに、あれ?と思うところです。

      ここを考えるとサーガとギアスはやはり平行世界ということになりますし、
      サーガとクロスとブレイドは再構築後の設定をベースにしている仲間と言ってもよいでしょう。

      どちらにしろ、一度「ギアス」と「サーガ以降の作品」には線引きがされるのです。ここも重要。

      >大枠の設定はすでに作っていた
      これには段階があると考えます。

      前回のウヅキさんの考察にあった「木星」起源論。
      つまり2001年宇宙の旅をもとにした、謎のモノリスと木星等からタイトルをzeno=xenoとしていたこと。

      それを考えると、「大まかな設定」はギアスの時点で作られていた事になります。

      ウヅキさんの仰る「今のサーガ、ブレイド1、クロス、ブレイド2までの大枠の設定」というのはむしろ「詳細な設定」の部分になるのです。

      設定とは基本的に大枠を作り、詳細を決めていく過程で再構築が成されます。

      だとするのならばサーガの時に行われたのは詳細設定を構築する上での変更ということになるのです。

      サーガEP2の時の雑誌に、高橋さんはこの先サーガは30年分のネタがあると仰っていました。

      このネタというのは大枠では無く既に詳細の方を指しています。


      だからギアスの頃の設定=大枠、サーガ以降の作品=詳細であり、当然スクウェアからナムコに移った段階ではサーガのみで全てをやろうとしていたわけですから、今のクロスやブレイドに相当する話は高橋さんのゼノ年表には書き込まれていたでしょう。

      ただ巨神や機神の上での物語等は更なる詳細、仔細とでも言いましょうか、その展開上の付加部分だと思います。

      この様に物語も絵を描くのも同じなのですが、
      まずはデッサンで大まかな構図と形をとり、だんだんそれを細かくしていくという段取りがあり、そもそも絵描きである高橋さんも当然それを行っているでしょう。
      ただデッサンの時点で形が崩れると作品はダメになってしまいますので、
      大まかな設定とはやはりギアスの時点と考えるべきでしょう。


      >19年越し位の設定を小出し
      小出しにしているのは大まかな設定時のモノで、高橋さん的にはその設定の上で毎回新しい事をやっている感覚なのではないでしょうか。

      何せ時代によって全く物語が違うわけで。

      いわゆる神の遊び場をギアスの時に作ったみたいな感じだと思います。

      このベースとなるシステムの構築が、灰色の脳細胞を持つ高橋哲哉氏の特異なところですよね。
      まァ弱点は、その広大な宇宙を全部出しうるだけの手数が足りないことかな。

      現実が天才の全てを出し切ることを阻害している。
      もっともっと作品を見たいんですけどね。


      >TC元年
      サーガにはとりあえずこれは無いですね。
      モノリスには、設定だけでもいずれ形にして出してほしいですよほんと。

      このままでは死んでも死にきれないっす。
      • フォレスト
      • 2020/03/12 2:18 AM
      さすが、すでにお気付きでしたね。
      1つ上の大きな視点から見ると、仰る通り絵を描くように物語は紡がれているのかもしれませんね。フォレストさんの視点ももう若干神(高橋さん)の領域に片足突っ込んだところに行っている感じが私はしますがwたくさんヒントをいただいたのでさらなる高みを目指して、地道な考察を続けたいと思います。
      • ウヅキ
      • 2020/03/13 10:54 PM
      >>ウヅキさん

      ももも、も一つあるんですよね?
      • フォレスト
      • 2020/03/14 10:52 PM
      あります。すみません日曜の夜に投稿致しますも。
      もうちょっと胸お借りしますも!
      • ウヅキ
      • 2020/03/15 12:21 AM
      コメントする








         

      PR