検索

プロフィール

ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives
ゼノブレイド ザ・シークレットファイル MONADO Archives (JUGEMレビュー »)
電撃攻略本編集部
資料集でもあり、ファンブックでもある。

ゼノサーガ I・II(特典無し)
ゼノサーガ I・II(特典無し) (JUGEMレビュー »)

サーガEP1・2が一本に!
邪神いないよ!

ゼノサーガ フリークス
ゼノサーガ フリークス (JUGEMレビュー »)

ぴったん たんた ぜのぴったん♪

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] (JUGEMレビュー »)

ゼノサーガシリーズの2つ目。
悲劇の誕生。邪神降臨編!

ゼノギアス PS one Books
ゼノギアス PS one Books (JUGEMレビュー »)

全てはここから始まった。

もう!?

0
     実写版るろ剣のBDっていつ出るんだろうと思って検索したら
    目を疑った。

    発売日は・・・2012年・・・え?今年?
    12月26日?すぐじゃん!!

    鉄が熱いうちに打つ気なのかな。
    家族にも見せたい作品なので嬉しいけどw
    評価:
    ---
    アミューズソフトエンタテインメント
    ¥ 5,084
    (2012-12-26)

    評価:
    ---
    アミューズソフトエンタテインメント
    ¥ 2,870
    (2012-12-26)


    そういや先日。

    0
       先日るろうに剣心実写劇場版観てきました。

      いやもうあれならファンでも納得でしょう。
      無難で無理のない配役、演技力が全員一定水準を超えている、
      神速の殺人剣を見事に表現したアクション、
      原作シーンを詰め込みながらも破綻をしないシナリオ。

      こういった漫画的現実離れした表現が盛り込まれた作品を実写化するにあたり、
      これほど違和感を抑え、昇華した映画は初めて観た気がします。
      るろ剣を知らない友人も大満足で帰って行きました。
      終わってから何文句言われるかとヒヤヒヤでしたがよかったよかった。

      まあベタ褒めしつつも気になった点といえば、
      左之助の掘り下げが浅いのと、
      斎藤一の対戦相手が「アレ」だったことでしょうか。
      牙突もちと笑ってしまったので、
      もうちょっとかっこよく見せるとよいかと。
      突きで体を伸ばすのは最後にしないと、
      突きの体勢で突っ込んでいくって変でしょあれ・・・w

      ともかくこれはうちの親父にも見せてみたい作品だ。
      時代劇にはうるさいし、ろくなことは言われんだろうけど
      これはこれで楽しめる気がする。
      特に衣装や舞台が小奇麗なリアリティのない時代劇が嫌いなうちの親父には
      なかなかぴったりの映画だったと思う。
      虫が這うほど汚れというものにもこだわった映画だったので。

      さて続編も制作されるそうなので今から楽しみだ。
      GAN○Zみたいにならないことを祈る。





      見てみようなかな。

      0
         実写版るろうに剣心が大ヒット中らしい。

        昨日スマップの稲垣さんの映画紹介でも1位に挙げられていたし、
        漫画原作もので、原作知らなくても楽しめるという評価だと
        割と期待してしまう。

        かく言う私も剣心実写化はあまりいい目で見ていなかったのだが、
        PVちらっと見たら「剣心ダッシュ」(オイラが命名)が原作そのまま。
        実写であの速さを出せるなら迫力もありそうだと思ってしまう。

        ちょいと剣心知らない友人を説得して一緒に行こうかと画策中である。

        しっかし佐之助に観柳に斎藤一に刃衛って敵いすぎじゃね?
        2があるとして一気に京都編なのかな。

        うわーノーマークだったのにすげー見たくなってきたー。

        口から口。

        0
           夕方から友人と秋田まで行って映画見てきました。

          「プロメテウス」って映画で、リドリースコット監督のSF映画だ。
          ちょうど先行上映会だったみたいで得した気分。
          3Dで見てきました。

          人類創世の秘密だとか死後の世界だとか、宇宙の秘密だとか、
          おもーいテーマを引っさげているのでいい意味で淡々とした映画と思いきや・・・
          「あの」SFホラー映画のシリーズでした。
          監督が監督なのと、ほんのり噂は聞いていたのでまさかとは思いましたが、
          まんまあいつが出てくるとは。

          戦う女性、胡散臭いロボット、懐かしい装甲車やレトロな宇宙船デザイン。
          気分は80年代。

          一見するとつまらない映画でもありますが、
          ネタとしては十分面白い。

          にしてもさ・・・予告編詐欺だよねこの映画・・・。

          結局買ってしまった・・・。

          0
             パート2で落胆した「GANTZ」劇場版。

            1なら持っててもいいかなとついついBDをポチったのが一昨日の話。

            ・・・やっぱ1は面白いよ。
            2同様冗長な部分はあるけど、気にならないくらいアクションも魅せるし。

            んで試しに親父に見せたら、思いの外気に入ってしまって
            2も結局買わなあかんかもしれん。

            落胆すると思うけどな〜・・・。



            ところでGANTZ前日談の小説(GANTZ/MINUS)をこの間買ったんだけど、
            この小説の著者の名前どっかで見たことあるな〜と思っていたら
            思い出した。
            日下部 匡俊(くさかべ まさとし)って人なんだけど
            実はこの人

            某黒歴史?
            ゼノギアス 神屠る物語・序章
            の著者だったようで。

            様々なところでつながるねぇ。
            評価:
            ---
            バップ
            ¥ 3,080
            (2011-07-13)


            あしたのジョー劇場版観てきた・・・そして。

            0
               あしたのジョー観てきたぞー!!!

              やべー、またまたごめんなさいw
              非常に良く出来てた!

              そもそも漫画通りにはいくはずのないボリュームなので
              この映画は細かな心理描写よりも
              どれだけ「力石編が終わるまでのプロセスが守られているか」と、
              「拳闘シーンがどれだけ迫力があるか」を見る必要がある。

              前者に関しては序盤シーンがかなり急ぎ足だったけれども
              ウルフ金串編をきちんと入れていたためにVS力石戦が無理なく展開できていた。

              後者については、ジョー、力石(ビッグ・ジョーのことではないw)ともに鍛え上げられた肉体と
              拳闘のスピード・重さ・カメラワーク演出が素晴らしく、
              ついつい手に汗握ってしまった。

              特に力石(伊勢谷友介)のやせ方は鬼気迫るものがあり、
              この映画を盛り上げる華になったと思う。

              気になったのは、情緒を醸し出そうとして使用した紙飛行機のシーンが
              非常にぎこちないCGで間違いなく失敗していることと、
              ウルフ金串はあんなイカレ野郎じゃないってことかな。

              そしてゼノブログとして言っておかなきゃならないのは、
              クライマックス直後のあの握手シーンを経たあとにとんでもないことが・・・


              BGMネピリムの歌声EP2Ver.

              が流れました。

              映画を観てなければ何をばかなと思うでしょうが、
              私がゼノBGMを聴き間違えるはずがない。

              確かに音が一つ二つわずかに変えられているところもあったように思うのですが、
              最初のアーアーアーアーァーっていうのと最後のァーアー(↑)に限っては
              はっきり言って全く同じ音です。

              友人と一緒に行ったのですが、
              友人には以前ゼノのムービーのみ全て見せたことがあり、
              「俺もネピリムの歌声だと思った。アレ使用していいもんなの?」
              って言ってたので、どれだけ酷似しているかの証拠と受け取ってもらいたい。

              っていうか梶浦さん関わって無いよね?
              これから調べてみよう。

              気になった方は是非観に行ってくださいw

              っていうかヤマトは知らんけどGANTZもあしたのジョーも結構当たりだなぁ。
              漫画原作邦画頑張ってるよ。

              リアルよりの設定の漫画で役者と監督が良ければ面白いものが作れるってことかな。

              いや〜熱かったっす。

              でもクロスカウンターの説明はゆで理論入っててチョイ恥ずい。
              まああしたのジョーのほうが古いわけだがw


              追記↓

              劇場版あしたのジョーの作曲家を調べてみた。

              ・・・・・・・

              ・・・・・・・ 高橋哲也 (作曲家)。


              字は違うけど何の冗談でしょうw

              しかし、検索してもこのことを噂している人がいないな。
              ゼノ好きが観たらぴくっとすることうけあいなのだが・・・。

              まあゼノ好きで、あしたのジョー観る人もなかなかいないのかな・・・。

              実写化。

              0
                 巷で、ドラゴンボールがまた実写化するとのことで
                話題になっている。

                なんでも前回の実写版映画の続きではなく
                改めて新キャストでやるらしい。

                監督も前回の実写版と同じ轍を踏まないようにしているのか
                日本人の監督になっているようだ。

                お・そ・ら・く、前回のよりは幾分観れるようになっているとは思うが
                原作の誇張表現がGANTZ等とは比べ物にならないので、
                空を飛んだだけでも滑稽になりかねない。

                そのあたり分からんのかねぇ。

                そういえばAKIRAも実写化がどうとかいってたな。
                こちらは監督が良ければいい映画にもなり得るでしょう。

                観てもいいけど、最近こんなんばっかだなw

                さしあたっての私個人の実写映画に対する問題は・・・
                実写映画あしたのジョーを観るかどうかだ。
                私の中の宝物が壊れるかどうかというデカイ問題があるのだが
                ・・・気になってしょうがない。

                何故だろう。あしたのジョーはうまく実写化出来そうなのに
                してはいけないにおいがするのは。

                やっぱ劇画調とはいえ、ちばてつや先生特有の誇張表現が
                観る者に単純で強烈なイメージを
                与えているせいなんだろうなぁ。

                それに、映画の尺じゃ感動は出来ないような気も・・・。
                迷うぜ。

                GANTZ観てきた。

                0

                  迷ってたんだけど、
                  友達も乗り気だったので観てきちゃった。

                  感想としては・・・結構良くできてた。
                  普通に面白いと思うよこれは。

                  確かに批判的な意見にある、
                  原作の(いろんな意味で)いやらしい部分の表現が緩和され
                  ライトでマイルドなお話になっちゃったってのも納得。
                  でもCGの表現が上手くて戦闘シーンをキチンとハードなものにしていたので
                  個人的には全然OK。

                  映画ということもあり、脚本も難しかったと思うけど・・・おしいな〜。
                  もう少しカットした方がいいんじゃないかと思えるシーンが多かった。
                  上手く表現すれば1回でいいシーンを2回やったり、
                  日常シーンも内容的に遜色なくテンポを上げることも出来た様な気がする。
                  その時間を戦闘シーンに振り分ければ、
                  もう少し巻き込まれる人数や敵の数を増やせたのではないかと。
                  乱戦混戦がばしばしあったら最高だったのにって思った。

                  友達はGANTZの漫画は嫌いだったんだけど、
                  この映画には大満足でした。

                  ・・・もしかしたらそういうこと?

                  まあ「耐性」はある程度必要だけどw

                  心配なのは、映画から漫画に入る人。
                  二宮&松山ファンの心を砕く絵図が見えるぜw


                  今ちょっち気になる映画の話。

                  0
                     マトリックス4・5が3Dで製作されているかも・・・
                    とかって話が出てきている。

                    まあ3D向けではあるんだけど今さらって感じも。
                    このままだとドラゴンボール3Dが出そうだ。

                    しか〜し個人的に今気になるのは3D映画ではなく
                    「GANTZ」の劇場版。
                    (漫画は一応全部持ってる。)

                    地雷のような感じもあり・・・、だけども40億円かけた大作な感じもあり・・・。
                    やべー気になる。

                    アタリ・ハズレ関係なく見に行きたいっす。
                    時間あるかな。


                    ところで、2月26日から公開の劇場版マクロスF。
                    秋田では4月くらいまでやらないみたい。
                    おそいよー。

                    グーニーズ問題の結果。

                    0
                      先日のグーニーズ問題の一つの答えが出たようだ。
                      以下は某掲示板よりメーカー側からのメールのコピペ。


                       『グーニーズ 25周年記念 コレクターズ・エディション』は1988年TV放送版日本語吹替音声をもとにTV局で再編集したもので、本編を再生する際に、音声素材の都合上、一部のシーンで、自動的に英語音声/字幕スーパーに切り替わる仕様となっております。
                      弊社では、商品発売前の情報を掲載しましたオフィシャルサイトやチラシなど、
                      どの媒体におきましても「1988年 TV放送用日本語吹替を初収録」と告知させて
                      頂いておりましたが、その吹替音声が“完全版”“ノーカット版”であるという
                      表記はおこなっておりません。
                      しかしながら、こちらの仕様につきましての注意書きを今回の商品ジャケット及
                      び帯上に明記しておらず、お客様の誤解を招いてしまった事を深くお詫び申し上
                      げます。

                      弊社が当作品の商品化に際しまして権利を保有する音源素材は、今回の商品に収
                      録しました一部短縮編集された音源素材のみでございまして、音源素材権利元の
                      許諾を得て御提供頂きましたマスター素材に基づく商品仕様となり、現状唯一の
                      ものとなります。
                      従いまして、大変恐れ入りますが、弊社では「ノーカット版吹替音源素材を使用
                      してノーカット版のディスクを作成する。」という事は、権利上の問題でできか
                      ねますので、御期待に添えず申し訳ない限りではございますが、何卒ご了承下さ
                      いますようお願い申し上げます。


                      また、商品につきまして、先日お客様より御指摘頂きました点を含め、下記2点
                      の不具合が判明致しました。

                      (1)TV放送版日本語吹替音声の不具合
                      本編チャプター8の一部映像に対応しない音声が収録されております。

                      (2)商品ジャケットおよび帯上の誤表記
                      TV放送版日本語吹替音声の仕様表記に誤りがございました。

                      ・Blu-ray 誤:ドルビーデジタル2.0ch:日本語
                            正:ドルビーデジタル1.0ch:日本語

                      ・DVD 誤:ドルビーサラウンド
                            正:ドルビーデジタル1.0ch:日本語


                      上記2点につきましては適切に修正したディスク、及び商品ジャケット・帯を
                      2011年1月下旬より交換させて頂きます。
                      準備が整い次第、改めましてこちらより御連絡させて頂きますので、
                      お待たせしており申し訳ありませんが、今しばらくの御猶予を頂けますよう、
                      何卒宜しくお願い申し上げます。

                      また、ご要望頂きました返品についてですが、弊社商品は複数の流通を通して
                      販売させて頂いており、お客様へ直接販売等をしておりません関係上、ご購入
                      されました商品は発売元とお客様との商取引ではなく、商品をお買い求め頂いた
                      お店とお客様とのお取引となりますため、弊社ではご要望にお応えすることがで
                      きかねます。重ねて恐れ入りますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

                      お客様には多大なるご迷惑をお掛け致します事を深くお詫び申し上げます。
                      今後はこのような事のないよう、再発防止に努めてまいりますので、
                      今後とも『グーニーズ』へのご愛顧を賜りますよう何卒宜しくお願い致します。




                      ・・・完全版、ノーカット版であるとの表記は行ってない?
                      それ以前に完全版・ノーカット版って書かないとフルで収録されないなんて
                      ルールは一部のマニアしかわからんわ。
                      大体品切れになるほどの状態になったのは旧吹き替え版があったればこそだし、
                      そんなカットだらけのものを好き好んでコレクトする奴ぁいねぇ。

                      ビデオデッキは捨てちゃったけど、まだまだ旧吹き替え版のビデオは捨てられんなぁ。

                      << | 3/4PAGES |
                      | /PAGES | <<back|<1234>|next>>

                      PR